カテゴリー別アーカイブ: PC

手持ち式のトラックボール DN-69528 再分解

以前の記事の追記だが、1年ほど経過しているため新規投稿にて。

前に分解清掃した手持ち式トラックボールのホイールが、またしても動きがおかしくなった。再びホイール周りを掃除しようとして分解したところ、こんどは別の場所からあっさり分解できたので報告。報告したところで、このトラックボールを使っていてしかも分解しようとする人はごく少数だろうけど(笑)

右クリックボタンの底面側の少しボール側よりの位置と、底面との間にマイナスドライバーをこじ入れて軽くひねると、ボール側のカバーがあっさり外れた。基盤もねじ数本で外せて掃除も楽にできた。

100均のはがきケースで外付けHDDケースを作る

とタイトル書きしたけど、それほど大げさなものじゃない、小ネタであります。

内蔵用HDDを外に出した後の保管には、以前の記事にあるように食品用のフタができるケースを使っているが、今回は前のPCで使っていたHDD1台を100均のはがきケースに収めてみた。

はがきケースでHDD保管用ケース100均のはがきケースをハードディスク保管用に使った例はすでに数多くあるが、おさらいしておくと、ケース内寸とHDD外寸は縦横はほぼ同じ。厚みは10mm程度の余裕がある。クッション材などで固定すると中でHDDが動かない。といったところ。

今回はクッション材に、買い置きしてあった「地震対策ゲル」を使ってみた。ゲルの厚みは3mmしかないので、ケースの厚み方向にはHDDの表側と裏側にそれぞれ2枚重ねて使用する。さらにHDDの長手方向に1枚ずつ貼って、うまく固定できた、

はがきケースで外付けHDDケースSATA端子部分はプラ用カッターでケースを四角く切り抜いて、USB変換を経由したSATA信号ケーブルと、外置きのATX電源からのSATAケーブルとを接続する。放熱は全く処理していないので長時間の使用は厳禁だが、無事に動いている。
超小型のファンがあればわずかの隙間を利用して排気システムを組み込めるかもしれない。

コンパクトPC購入

劣化した電解コンデンサー長年の相棒だった ACER ASPIRE L5100 がついに電源が入らなくなった。この半月ほどいきなりの電源落ちが発生していた。原因はACアダプターのほうかと思っていたが、ACアダプターを取り換えてみても状態は変わらず。基盤を覗いてみると電解コンデンサーが1個膨らんでいるのを確認した。この部品を取替えるだけで修復できそうなのだが、もう気力が追い付かない。基盤を引っぺがしてのはんだ付けは老眼の身には酷だ。
それに、9年も使っているとほかの電解コンデンサーもすでに劣化しはじめている可能性もあり、修理は断念。愛機も買い替えの時期がやってきたようだ。

とりあえずはACERのHDDを取り出しで外付けHDD化し、未だ現役で動いている Pentium III 700M + Windows XP の自作機でEXCELの作業を、2台あるスティック型PCで日常の処理を代用する。スティックPCですべての作業を行えれば便利なのだが、大容量データや画像処理はまだまだ厳しいものがある。
その間に次期PCを物色。数年ぶりに自作に挑戦とか、完全自作までは無理でもベアボーンでカスタマイズするとかの選択肢も頭をよぎったが、それももう面倒くさい。ナンバーワンもオンリーワンも要らない。誘惑に打ち勝って、そこそこの性能で、コンパクトで静音で省電力・低価格機を探すことにする。

いろいろ見ていると、ウルトラコンパクトとかウルトラスモールデスクトップというジャンルがあるのだな。昔、IBMからウルトラマンPCという超小型製品が出ていたのを思い出した。その頃はこれも超小型の東芝のリブレット50を使っていた。机の上に置くデスクトップ、膝上のラップトップに対して、手のひらサイズのパームトップというジャンル分けだった。

ACER ASPIRE L5100 と HP Compaq 8200 Elite US/CT
懐旧談は置いといて、あっさり購入を決めたのは HP Compaq 8200 Elite US/CT。他の機種と比べて決め手となったのは筐体のサイズ。ACER ASPIRE L5100 と比べて奥行きが大きくなるものの、幅と高さがほぼ同じで、今までの置き場所に過不足なく収まるという、ただそれだけの理由。もちろん基本スペックはおさえた上でのことである。

購入品は法人向けのリースあがりと思われる中古品だが、傷も汚れもなくきれいな外観で使用した形跡もあまりなさそうな感じだ。Windows10プリンストール済みで、メモリ増設しても約2万円だったのでお買い得だったと思う。前のAcer機は静音PCと言いながらも夏場は結構冷却ファン音がやかましかったが、今回は比較的静かなようだ。真夏の到来が楽しみである。

LaCie rugged SafeのHDD交換

LaCie rugged Safe 指紋認証側データのバックアップ用に、LaCie rugged Safe という外付けHDDを2台使用している。型番はLCH-RGS1TFUS。容量500GBのLCH-RGS500FUSの上位機で、こちらは容量1TBだ、メーカーの紹介文だと「指紋認証システム&データ暗号化機能+耐衝撃ボディでデータ流出とデータ消失の両方からデータを守るポータブルハードディスクです。」なのだが、さして大きな衝撃を与えた覚えもないのに1台が不調である。データを転送している途中にものすごく遅くなる、というよりほとんど止まった状態になる。異音などはないのだが、HDD上に不良セクターがある場合にこのような状態になることがあるので、おそらくは内蔵のHDDが原因だろうと見当をつけている。

LaCie rugged Safe 分解途中-側面LaCie rugged Safe 分解途中-内部
動かないまま半年くらい放置していたのだが、安売りHDDを見つけたのを機に修復開始、とりいそぎ解体。外側のゴムを外すと樹脂製の枠をベースにして、両横に3箇所ずつ爪で金属製の筐体が固定されている。材質はアルミと書かれているがマグネシウム合金っぽい手触りだ。基板とHDD本体ははめ込み式でネジは使われていない。

LaCie rugged Safe 内蔵HDD元のHDDは東芝製 MK1059GSM、1TBで12.5mm厚。2011年12月製。HDDの四隅にゴム製のパーツをクッションにして内部に固定する方式だが、そのゴムがすごく変形している。最初から正しい位置にセットされていなかったのか、それとも使用中にずれたのかは今となってはわからないが、耐衝撃性が機能していたのかは疑問。

ま、とりあえずは新しいHDDを接続しなおして起動。転送は問題なく、やはり前のHDDのトラブルが原因であろうと判断した。とは言ってもこのLaCieの転送は遅いんだ。暗号化/復号化の処理に時間がかかるのか、普通の暗号処理でない外付けHDDの倍くらいの時間がかかっているような体感速度である(個人の感想です)。時たま思い出したように行うバックアップ用とならまだしも、日常的に使うデータ転送の用途にはストレスがたまると思う。

地震対策GELさて、新しく使用するHDDはSeagateのST2000LM003、容量は2TBに増えたが厚みは9.5mmに薄くなった。
3mmの隙間を埋めるために使うのは、100均で地震対策品として売ってるウレタン素材のシート。手元にある材料でちょうど3mm厚だったので使うことにしたが、変形したゴムとふにゃふにゃの地震対策ゲルとの組み合わせのため、耐衝撃能力はきわめて低くなったと思われる。
ともかく無事復活して動作中。

※地震対策GELの画像はメーカーさんのカタログからキャプチャ。

手持ち式のトラックボール DN-YMU-Y12TBD

ロジクールのトラックボールM570の修理がうまくいったので、気をよくして別のトラックボールの分解掃除に取り掛かる。
手持ち式トラックボールマウス DN-YMU-Y12TBD製品はハンディタイプと言えばよいのか、据え置き型ではなく片手で持つ方式の無線トラックボール。エアマウスとか空中マウスとか、ハンドヘルドマウスとかの呼び方もあるらしい。
型番を見ると DN-YMU-Y12TBD で、DNで始まる文字列なので上海問屋製品と思われる。
形状は左右非対称の、言うならば勾玉の形。光学式マウスとしても使えるのでその場合は右手で使うこと前提だが、ハンディトラックボールとしては左手で下側から持ち上げるようにして使うこともできる。
メインのPCには有線のUSBマウスと、このハンディタイプのトラックボールとを同時に接続している。椅子にふんぞり返ってニュースサイトを読んだり、動画を見るときには便利で重宝している。

DN-YMU-Y12TBD ボール部分2年くらい使っていて、クリックボタンは左右ともに異常は見られないが、ホイールの動きが不調。上下にスクロールさせるつもりが行きつ戻りつの状態になる。ホイールの回転を検出する部分にホコリが溜まって誤動作しているのだろう。
分解してみたいのだがネジ止めなどで簡単にばらせる構造にはなっていない。
ボールは、回りのリングに2箇所あいている小穴に、先のとがったピンセットなどを差し込んで、コリッと回すとスコッと外せる。電池蓋は曲面のため簡単ではないが、マイナスドライバーで捻って外すことができる。
この2つしか外せる場所はないようだ。

手持ち式トラックボール 分解底面の左右のクリックボタンの間のあたりにマイナスドライバーを突っ込んで持ち上げてみると、何とか浮き上がる。幸いなことに接着剤は使っていないようで、そこを始点に少しずつこじ開けていくと外すことができた。そして、見事!! 7本あった爪のうち3本が折れたorz

トラックボール DN-YMU-Y12TBD 分解基板はネジ1本だけで止められている、が、このネジを外してみてもピクリとも動かない。どうやら中であちらこちらの部品とカッチリと組み合わさっているような感じだ。基板に対して斜めに取り付けられたホイールなど、無理に外しても今度は組み立てができなくなりそうな予感がして、この段階でこれ以上の分解はあきらめる。
本来の目的はホイールの清掃だ。隙間からのぞき見てもホコリが溜まっているようには見えないが、カメラ用のブロウでホイール周辺を吹き飛ばしてみる。するとどうやらホイールの回転を正常に検出しているようだ。
これで満足したので修理完了。裏蓋も爪がなくてもピタッと閉まる。吹き飛ばしたホコリが、トラックボールの外に飛び出したのか、中のどこかに移動しただけなのかはわからない。

追記:製品底面のシールに書かれている型番は DN-YMU-Y12TBD (Wireless TB Mouse) Model No.69528 だが、上海問屋のHP記載の型番は DN-69528 となっていた。

後日談というか、再分解記事はこちら

ロジクールのトラックボールM570の修理

トラックボールM570愛用のトラックボールが不調だ。シングルクリックしたはずなのに動作がダブルクリックになる。ウィンドウが2つ開いたり、プルダウンメニューが出たと思ったら連続したクリックですぐ消える。精神衛生に悪い。イラっとするなんて生易しい状態ではない。

チャタリングという現象だが、静電気が原因である可能性は数度試してみて排除。他のマウスをPCに接続した時は異常は起きないし、トラックボールを別のPCに接続すると再現するので、原因はトラックボール側のスイッチの故障と断定した。

ボール式マイクロソフトマウス 外観マイクロソフトマウス ボール部分ボール式マウス 回転検出部検索してみると中のマイクロスイッチは D2FC-F-7N という型番であるらしい。久々に日本橋までお買い物かとも思ったが、ジャンク箱から古いマウスを探し出して再利用できないか検討してみることにする。
出てきたのはボール式のマイクロソフトマウス、PS/2ポート接続の年代物。昔のマウスってボールが入ってたんだよ。もうこれを知らない世代のほうが多いんだろうな。
マウスを転がすとボールがXとYの2軸に回転を伝え、軸についた歯車の両側で、ペアになっている発光/受光素子が、歯と歯の間で光を通す/さえぎる数をカウントしてマウスの移動量を算出する構造。
いやはや、ノスタルジックですなあ。

ところで、このホコリだらけのマウスを見て思った。チャタリングの原因が静電気であるならば、静電気の原因はホコリなんでないの?分解してきれいにすればチャタリングも収まるんでないの?
今回のトラックボールはもう4年も使用しているのでスイッチ故障の疑いがほぼ確定だし、ジャンクマウスの中を開けて見た結果、長期間使い込んだ中古部品の再利用はやめて新品に取り替えることにする。分解掃除だけでチャタリングが直るかどうかは次の機会に先送りだ。

通販で D2F-01F 購入。OMRON China の製品の D2FC-F-7N と互換性のある日本製。多分こっちのほうが信頼性は高いのだろう。
トラックボールM570 スイッチ交換分解の手順等はあっちこっちに書かれているのでここでは割愛。スイッチを基板から外す時に、ハンダを新しく盛りなおしてから吸い取り線で除去したのだが、左右のスイッチ両方とも3本足のうちの1つを外し損ね、結局力技で外す羽目になった。
現在順調に動作中。

ACER ASPIRE L5100の電源プラグが…

いまだに我が家の主力PCの座にあるACER ASPIRE L5100だが、AC/DCアダプタの挙動が怪しくなってきた。

初代の電源(購入時についてきた純正品、と言ってもデルタ製)は5年使用した後に、
・PC動作中にいきなり電源が落ちる
・パイロットランプは消灯
・出力側の電圧を測ると、当然ではあるが出ていない
・ACプラグを抜いて入れなおすと復活
といった状態だった。検索してみるとこの症状、頻発らしい。そのうちに、常時電圧が出ない状態になり買い換えた。
二代目は通販で見つけたACER互換として売られていた中古電源で、20V/6Aの日立製。我が家に来てから3年経った今、上の純正品と同じような症状が数回発生した。今はトラブル無く普通に動いているのだが、いつ動作不良が再発するかわからないので早めに次の電源を用意することにした。
純正アダプターの型番 SADP-135EB B で検索してDELTAの中古品を発見・購入。

ASPIRE L5100用デルタ製電源だが。
届いたものを見るとDCプラグが違う。
直型かL型かの違いはさておき、純正は外径5.5mm内径2.5mm、対して今回購入品は外径5.5mm内径1.7mmだ。型番に違いは見受けられないし、本体底面のラベルはシリアルナンバー以外はまったく同一だ。注文時にもサイズ指定なんてなかったのに、ありゃりゃ。
これって型番で注文してもどのサイズのが届くのかわからんってことで、返品トラブルとか出てるんじゃないかな。いや、それよりも19Vの電源で5.5/1.7のプラグは違反だろ。
とか思いつつも面倒くさがりの私は返品とかせずにとりあえずほったらかし。ひと月半もたってようやく重い腰を上げる。

プラグをちょん切って2.5mmのに付け直そうかと思ったが、どうも面倒くさいので口径変換アダプターを探すことにする。でも5.5/1.7から5.5/2.5へのアダプターって無いのだな。いつもフタバヤという専門店を使うがここにも無い。どうやら1.7→2.1→2.5と、5.5/2.1mmの標準サイズのアダプターを間に挟まないといけないようだ。
あれこれ通販店を見ているうちに変換コネクタや延長ケーブルのささやかな爆買い状態になってしまった。
ケーブル・コネクタ類DC変換プラグセット
8本組のは5.5/2.1の標準的なDCプラグから各種サイズへの変換アダプタ。多分使うことは無い(笑)

相変わらずの無駄な長文になったが、要するに
ACERの純正電源・デルタ製の SADP-135EB B を探す人がもしまだいたら、プラグの形状に気をつけて!
ということです、はい。

自分用メモ
Aspire L5100 ASL5100-501032PF
2008年3月25日購入 85,524円

PA-1131-08 ASL5100対応ACアダプター
2013年2月1日購入 2,800円

SADP-135EB B 19V-7.11A
2016年3月28日購入 1,710 円

USB切替器を作る

4台の外付けHDDを必要な時だけUSBケーブルと電源を差し込んで使用しているが、別のPCとこれらのHDDを接続しようとしたり、あるいはPCに別のポータブルHDDをつないだりするとケーブルがもうワケワカメになってしまう。PC回りのケーブル整理のために切替器を自作してみる。

先日、在庫処分で購入したiphone用USBハブの基板を2個使用。4つあるポートからの出力をトグルスイッチで切り替える。文章にするとうまく説明できないので、下図を参照に。
自作USB切り替え器-配線イメージ
外部USB機器のON/OFF動作ならば+5Vと、信号線のうちD+かD-のどちらかをON/OFFするだけでよいそうだが、切り替えの場合はどうすればよいのか良くわかっていない。調べてみるとD+とD-の線の長さは同じにしないといけないとか書いてあったし、それとラグ板代わりにスイッチの足を使用するため、面倒でも+5V、D+、D-の3つを切り替える。さらにHDD電源の+12Vもスイッチを経由させてセンターオフ時には電源を切る。
このようにして2台のPCと4台の外付けHDDを個別に切り替え、またはOFFの状態にする。
手っ取り早く言うと、今まではUSBケーブルを抜き差しして切り替えていたのを今度はスイッチで代用しようという、電気の素人の発想です、はい。

自作USB切り替え器-パーツ自作USB切り替え器-外観
入れ物は100均の「名刺サイズのカードケース」を使用。材質がポリプロでも穴あけは一苦労だ。
基板はマザーボード取り付け用のスペーサーねじを使って二段重ねにする。カードケースにはいい感じで収まるが、二枚の基板の間隔には余裕が無いため、下になるほうの基板からはUSBソケットを取り外す。HDDへの出力は穴あけが面倒なので、ソケットではなくUSBプラグ付きケーブルを引き出す方法とする。入力側はもともと基板に乗っていたミニUSBの端子を使う。穴を開けるときに傷がついたが気にしない。
半田付けはこれまた一苦労、というより苦痛。老骨に鞭打ってならぬ老眼に鞭打っての作業だ。昔はマザーボード製作キットの半田付けもしたものだが、今は拡大鏡必須。ここからテンション下がる。

自作USB切り替え器-製作中自作USB切り替え器-完成
作業中に一部方針変更。片方のHUBのソケット1つはスイッチを介さない固定出力にする。あと、途中で力尽きたので(笑)12V電源は未配線。ま、とりあえずは完成して意図したとおりに動作中だ。
トグルスイッチの誤操作をしそうなので、もっと深いケースの中に収めるほうが良かったかと思う。あるいはかさばってもロータリースイッチのほうが安全だったかも。

追記:4/23
この自作USB切替器で認識しない外付けHDDがある。問題のHDDはUSBをPC直結、または既製品のUSBハブ経由なら正常に動作する。これ以外のHDDは自作USB切替器の、入力/出力どの組み合わせでも動作する。
単に「相性」という便利な言葉で片付けたくはないが…。原因は未解明。

追記2
USBソケット/プラグには、差し込む時に信号線より先に電源が接触するようになっているが、ここで製作した切替機では、接続時の遅延などは考慮していない。
私の使い方では今のところ、HDDにトラブルは起きていないが、もし同じようなものを作ってみようと思っている方はリスクを考慮のうえ自己責任にてお願いします。

モニタースタンド

ワイヤーネットスタンド-ラベルワイヤーネットスタンド

100均でみつけたワイヤーネットスタンド。ワイヤーネットとモニター固定用のフックと組み合わせて、簡単にモニタースタンドが自作できた。

モニターとして使っているのは10インチのHDMI入力付きデジタルフォトフレーム。デジフォトを止めているフックは金属製なので、モニターに傷がつかないように厚紙を挟んだ状態。高さは机の上においた時に少し下向き視線。
デジフォト下はドスパラのスティックPC、DG-STK2F。ファン付きのスティックPCだが、時々ファンが止まる。勢いよく息を吹きかけるとまた動き出す。困り者だ。
下のスペースにはキーボードを立てかけておくこともできるし、HDDやDVDドライブも固定できる。
デジタルフォトフレーム モニタースタンド-正面デジタルフォトフレーム モニタースタンド-斜め上から
※画面はハメ込み合成ではなく映り込みです。

タブレットスタンド

タブレットスタンド 100均ワイヤーラック100均で買ってきたワイヤーラック(金属のネットに引っ掛けて使う小物置き)を縦に使用し、プラ製のフックで3台のタブレットを挟み込むように止めただけ。工作といってもフックがワイヤから外れないようにビニールテープを巻いただけの、10分もかからない作品だ。
このままでは不安定さ抜群なので、倒れないよう置き場所に応じた固定方法を工夫する必要がある。

タブレットスタンド(100均ワイヤーラック)背面タブレットスタンド(100均ワイヤーラック)前面

タブレットは上から、
原道N50
Ployer MOMO7W
E FUN nextbook M726HN

撮影中にMOMO7Wが、「正在重新启动」のメッセージを出したまま固まってしまった。「重新启动」は再起動の意味らしい。行き当たりばったりで、電源ボタンを30秒ほど押し続けてみると再起動した。なんじゃらほい。

追記:その後作ったモニタースタンドではワイヤーネットを使用したが、ワイヤーネットのピッチ36mmに対し、ワイヤーラック縦置きの場合のピッチは25mmで、細かな調整が少しはしやすい。ただしワイヤーが細いため重量物には不向き。
2015/3/15記